Bank Invoice
取引先とつながる

Bank Invoiceを使うと、世界中の取引先とつながります。
請求書原本そのものを電子化し双方向にメールのように送受信できます。
あらゆる会社との取引データは統合され、一元管理できるので経理の負荷をなくせます。電子帳簿保存法に対応し、紙やPDFによる請求書の管理や保存はもう不要。すぐに、カンタンにペーパーレス化できます。

試してみる (無料/無制限)
スマートフォン版(iOS/Android)近日リリース

▶︎資料ダウンロード

双方向全方位型請求書データ電子取引システム

完全無料、機能制限なし。インストール不要。WindowsでもMacでも。

フリーランス、ベンチャー企業の方から大企業担当者の方までご利用いただいております。


請求書データを作成

作成はフォームを埋めていくだけ。表計算ソフトと同様。あらゆる業界で利用可能な標準的でシンプルな請求書。社印、明細毎の源泉税や消費税計算、詳細情報も入力できます。請求明細行数は無制限です。

1分で登録(無料)

ユーザー登録はメールアドレス、請求書に必要な名刺情報だけで最小限。ユーザー登録すると、ユーザーでない相手にも送信できます(メールアドレス必要)。1分の登録で将来の時間を大きく節約できます。

登録は送り手だけ

ユーザー登録が必要なのは送り手だけ。受け手は登録不要。受け手に利用方法を詳しく説明することなく、すぐに使い始められます。受け手は受信をメールで知り、PDFや請求書原本出力等、自由にできます。

受領もできて完全ペーパーレス化

作成、送信、受信すべてをBank Invoiceで完結すれば100%紙をなくせます。全履歴の電子取引でPDF化や電子署名が不要。社外からの請求書もペーパーレス化できるので、タブレットをもっと活用できます。

紙請求書のみの相手へも

請求書の原本を送ってほしいという取引先への郵送も電子的にやりとりできるようになります。データ自体が原本なので、相手はプリントアウトするだけ。従来のPDFを添付するメールとはしくみが異なります。

直感的・マニュアルレス

請求書データ上のボタンの色、ボタンを押したあとの案内表示、通知されたメール上の説明で次の操作がわかります。
※手元にある請求書データ(受信書類)は全体が黒、手元にない請求書データ(送信書類)は全体が灰色に見えます。

一元管理

1つ1つの請求書データと問い合わせ内容、回答、メモ、履歴、添付ファイルをひも付けて管理できます。メールや別のソフトを複数立ちあげて探す手間も時間も必要ありません。

紛失なし

紙請求書とちがって紛失することがありません。相手の手続き状況がリアルタイムに表示され、相手が確認済かどうかわかります。銀行を介す前(振込日前)に入金漏れや支払漏れを防止できるようになります。


体験する。

請求書データ検索
取引先、請求番号、件名、内容、金融機関の情報で検索
フィルタ・更新・ソート
フィルタ後の請求書データをダウンロードできます。
社外連絡
画面右上のタブ。各々の請求書データごとに取引先担当者と双方向に連絡できます。
社外連絡一覧・検索
各々の請求書データごとの連絡を一覧でき、クリックで請求書データにリンクします。
メモ
画面右上のタブ。その請求書データごとにメモできます。
メモ一覧・検索
各々の請求書データごとのメモを一覧でき、クリックで請求書データにリンクします。
全履歴
請求書データの送信(発生)から保管(取引終了)までの全記録。訂正前と訂正後が相互にリンク。
添付ファイル
請求書データと一覧できます。請求書データの右端を左右に移動させ、大きさを調整できます。
PDF出力(全履歴等)
プリントアウトした請求「書」が請求書の原本。全履歴、社外連絡、メモを同時に印刷できます。
下書き(作成)
「作成」ボタン(画面左上)をクリック
社印登録・更新
社印周辺をクリック
メールアドレス入力・宛先反映
宛先担当者がユーザー登録済の場合、宛先の社名や住所等の入力が不要
請求明細入力
請求明細行をクリック
請求明細詳細入力
「詳細情報」ボタン(各請求明細行のポップアップ画面左下)をクリック
合計金額調整
「税抜~税込金額合計」周辺をクリック
※源泉税の行非表示に対応
銀行登録(発行者)/振込口座選択(受領者)
「お支払方法」~「金融機関」周辺をクリック
詳細非表示
「-」ボタン(請求明細全体の左上)をクリック
アップロード作成
「アップロード」ボタン(画面左上)をクリック
統合請求データのダウンロード
「ダウンロード」ボタンをクリック

ダイナミック。あらゆる会社とやりとり。

すでに世界中の会社で広く使われている購買システム(EDI)が進化したシステムなので
取引先への詳しい説明も必要なく、すぐ使い始めることができます(電子帳簿保存法に対応)。
従来の紙の請求書の郵送やPDFによる電子化ではできなかったことができるようになり、
信書郵送の問題、長期保管に関わる問題も解決できます。

Bank Invoiceを利用して社外から受け取る請求書もペーパーレス化することで、
BYOD時代に対応した事務部門のIT化をすすめることができます。


全世界全拠点の取引情報を統合

あらゆる会社共通

すでに購買システムなどで広く世界中の会社で使われているしくみなので、大企業を含む世界中のあらゆる取引先担当者へ送信し、やりとりできます。

ダイナミック

請求書データ件数が月に1件でも数百万件でも、1つの画面で送信も受信もできます。数百万の取引先とやりとりした請求データでも、無制限にリアルタイムに1つの請求データとして統合し一本化できます。

PDF管理不要

BankInvoiceでやりとりした請求書データなら、紙やPDFでの煩雑な管理がなく、追跡可能性が高まります。電子署名もタイムスタンプも不要。管理のための新たな作業の追加もありません。


紙の原本を超える証明力

「全履歴」で高い証明力

双方向なので、請求書データ毎に送受信時間や送り手と受け手双方の操作履歴がすべて記録され、互いに確認できます。電子署名などの従来技術をはるかに超える証明力を確保でき、税務調査等で役立ちます。

訂正が確実

受け手は受信した請求書データの訂正・破棄はできす、作成者(送り手)へ一度返送が必要です。作成者が訂正後、訂正前は破棄されます。訂正後データは訂正前データとひも付き、「履歴」にて参照できます。



Bank(振込データ)✖ Invoice(請求データ)

Bank Invoiceを使うと、振込データと請求データがつながります(国際特許申請中)。

リアルタイムに取引先と直接つながるので、銀行を介さずに振込情報のやりとりができるようになります。
入金のたびに入金と請求内容を照合する煩雑な作業や支払明細の作成・連絡がなくなります。

銀行の仮想口座サービス、クレジットカード会社のパーチェシングサービス等
従来のサービスではできなかったことができるようになります。


相手の進捗もわかる

自分のステータスを管理

請求書データは送信と同時に「送信済」へ変わるので請求管理が確実です。入金を確認したら「入金済」へステータス変更。受取って「確認済」、支払で「支払済」へ。紙請求書と同じです。

相手のステータスがわかる(送信書類)

取引先担当者の手続き状況がリアルタイムにわかります。例えば「送信書類」の「送信済」では、相手が確認したら「確認済」、支払ったら「支払済」へ変化。「支払済」を集計すると入金明細になります。


振込日前に入金処理ができる

相手と直接つながる(リアルタイム)

「社外連絡」で請求書ごとに取引先担当者と互いに連絡できます。不明点を問い合わせたり、支払予定状況について連携できるので振込日前に振込明細を把握でき、実際金額との不突合せを事前に解消できます。

経理システムなしに支払・入金予定日を管理

請求書データで支払・入金予定日、口座情報がわかります。「受信書類」では、経理システムなしに支払日・支払金額の管理が可能。「送信書類」では、相手のステータスで入金日・入金金額の管理ができます。



ほんとうに求められるサービスをめざして

Bank Invoice株式会社は「紙をなくす会社。」として、
これからもユーザーの皆様のご要望をいただきながら、改善を続けてまいります。


送信する

宛先(メールアドレス)を入力して送信します。宛先がユーザー登録済なら、宛先の情報(会社名や住所、担当者名)が反映されます。郵送することなく、メールと同じやり方で請求書原本を送信できます。

コピー/日時指定送信

以前作成した書類をコピーして作成できるので、毎月の請求書データをまとめて作成でき、作成漏れがなくなります。日時指定送信とくみあわせれば、送信漏れも防げます(近日対応予定)。

データダウンロード

売上データと費用データがまとまった統合データ。会計ソフトへの取込、分析資料の作成、取引先の管理、ファームバンキング用データになるので、決算が早期化します。取引先コード登録業務等がなくなります。

データアップロード

請求書を一度に作成できます。複数取引先や合計請求にも対応。請求明細を中心に作成するので、明細ごとに税率や端数処理方法を変えることができます。合計金額は自動計算されます。

社外連絡

1つ1つの請求書データ専用のメールです。相手とリアルタイムに連絡できます。今まで電話や別のメールソフトで行っていた問い合わせを請求書データにひも付けて管理できるようになり一覧、検索できます。

メモ

1つ1つの請求書データ専用のメモです。従来、紙の請求書に書いていたメモ書きを請求書データにひも付けて管理できるようになります。一覧、検索もでき、タグとしても利用できます。

全履歴

1つ1つの請求書データごとの履歴です。送り手の送信から受け手の受信、その後の互いの操作が記録されます。一度訂正(再送信)された請求データは訂正前とひも付き、リンクで相互に参照できます。

ファイル添付

1つ1つの請求書データごとに添付して送信できます(20MB/件まで)。それまで添付していた請求明細や資料を請求書データにひも付けて管理可能。それまでのやり方を変えず、相手に負荷をかけません。

検索、フィルタ、ソート

請求書データ、社外連絡、メモの検索ができます。各種日付(期間)、金額、取引先担当者のステータス、再発行した請求データ等の条件でフィルタし、そのデータのみのダウンロードができます。

無制限、工夫できる

各入力欄の文字数、請求明細行数、振込口座数は原則無制限。隠れた文字は横に広げたり、ダウンロードデータで見ることができます。明細ごとの詳細情報に見積No.などを入力して紐付けて管理できます。

送信前の社外連絡

それまで送り状を同封していたように、送信前に「社外連絡」を入力すれば、「社外連絡一覧」で取引先担当者の開封確認ができるようになります。問い合わせを今まで以上に確実にできるようになります。

柔軟なカスタマイズ(オプション)

マイナンバー対応、請求書ひな形変更、共有、権限設定等、各社の使い方に合わせて柔軟にカスタマイズが可能です(有料)。





Bank Invoice株式会社(Bank Invoice Corporation)
住所(本社) 〒104-0031
東京都中央区京橋1-14-10 高木ビル5階
Tel:+(81)3 6228 7527(代表)
Fax.+(81)3 6228 7528
代表者 代表取締役 社長 手島 太郎(Taro TESHIMA)


お問い合わせ・ご意見・ご要望